天文はかせ序二段(仮)

仙台高専(旧・宮城高専)天文部の活動記録です

天文年鑑

11月18日は、「天文年鑑」の発売日です。来年の天文年鑑を手して「年の瀬だなあ」と感ずるのが正しい天文部員というものです。

天文年鑑 2017年版

天文年鑑 2017年版

 

 

NJP赤道儀を回転させる改造

下の写真は、NJP赤道儀を載せているピラー脚の頭の部分です。この上に専用のアタッチメントを取り付けて、赤道儀本体をボルトでガッチリ固定しています。この「ガッチリ固定」に実は問題があります。

f:id:snct-astro:20161115234828j:plain

というのも遠征先では、方位磁石を使って北の方向に向けて赤道儀を設置します。望遠鏡やウエイトを取り付けた後で極軸合わせをしますが、このとき極軸望遠鏡に北極星が入っていないことがよくあります。そうすると、60kgは超えるであろう装置全体を「えいや」と持ち上げて方向を微調整しなければなりません。これは非常に筋トレであり、また危険でもあります。赤道儀が回転すればいいのに・・・と前々からおもっておりました。

天文部員が集まった今日、顧問は上記のことを懸命に部員達に説明し理解してもらった上で、赤道儀を回転させる改造を行いました。

作業としては、上の写真のピラー脚を工場の大型旋盤に設置、溝を掘って横ネジでアタッチメントを固定する方式に変えるだけの簡単なものです。

こんな風に、溝をつけました。

f:id:snct-astro:20161116000022j:plain

こんな風に、くるくると赤道儀が回転するようになりました。横ネジを閉めればこれまで通り、ガッチリと固定されます。これで、次回の遠征は大分楽になります。

f:id:snct-astro:20161116000211j:plain

 

 

 

一人ではやま湖

いくつかテストしたいことがあって、金曜日に1人で「はやま湖」に行ってきました。

テストというのは、まず自家用車(プリウス)にNJP赤道儀とピラー脚、MT−200を積めるかどうか? またそれを独力で展開し、撤収するとなるとどのくらい疲れるかを試すことです。

プリウスへの機材の積み込みで問題になるのはピラー脚で、もし積めないようならNJP用の三脚を新たに調達する必要がありました。試してみたところ、横に寝かせれば分解しなくても大丈夫でした。それで、「積み込みは可能」であるとわかりました。しかし、翌日は激しく筋肉痛になり、体力の消耗はかなりきついものでした。

18時に名取を出発、途中で食事をとって、はやま湖に到着したのが8時半。機材を展開するのに30分かかって、21時から撮影を開始しました。対象はNGC981。

しばらくして、同じ目的ではやま湖を訪ねてきた方がありました。Yさんは、なんとこのブログをみてはやま湖にきてくれたそうです。GP赤道儀にオートガイドをつけて、borgの望遠鏡とEOS6DでM45を撮影していました。いろいろと教わりました。

この日はしばらくして曇り空。私も3枚ほどライトフレームを撮影した時点で、あえなく撤収となりました。ざんねん。

f:id:snct-astro:20161110211322j:plain
2016年11月4日 22:00ころ NGC981
canonEOS60Da タカハシMT-200 on NJP赤道儀 ノータッチガイド 中心部トリミング
ISO3200 210sec x 3、光害カットフィルタ不使用
CCDStack2でダーク補正&コンポジット、フラット補正後なし、EOS Digital Photo Professionalでノイズ除去

おもったより暗い銀河でした。ほんとうはNGC7331を撮影するつもりだったのですが、対象を勘違いしてました。

 

 

 

 

新しい画像処理の方法

マニアックな話題になりますが、天体写真の画像処理の方法を模索しています。今まではもっぱらDeepSkyStacker(以下DSS)を使っていました。無償なので。これはかなり優秀なソフトウェアなのですが、もうすこし別の方法も探ってみようと。

ネットでいろいろな方のブログを見ていると、よく使われているのはステライメージ7、Pixinsight、CCDStack2、photoshopなどで。それらすべて組み合わせてかなり複雑な処理フローを確立しているひともいるようです。これらは有償ソフトなので、そろえるとなると大分お金がかかります。

しかし、すこしはお金を使う事も必要です。熟慮の結果「CCDStack2」を購入しました。それで前回のM33を再処理しました。

f:id:snct-astro:20161030173046j:plain

ちなみに、以前DSSで処理したのが下の写真です:

f:id:snct-astro:20161027093516j:plain

上の画像では、DSSを使った方が処理で無理をしすぎていて、CCDStack2をつかったから良くなったという事もないのですが、両者は大分印象が違った感じになっています。

ここまでくるのに少し苦労したので、処理のフローを記録しておきます

処理フロー
  1. CCDStack2:マスターダークとマスターフラットを作製
  2. CCDStack2:ベイヤー画像からダーク・フラット減算
  3. CCDStack2:ベイヤー画像をLRGB分解*1
  4. CCDStack2:星を15個ほど手動で指定して、アライメント。*2
  5. CCDStack2:LRGBそれぞれをコンポジット
  6. CCDStack2:LRGB合成。R:G:B=1:1:1にすることを忘れずに。バックグラウンドがグレーになるように色を調整。
  7. CCDStack2:32bitのfitファイルで出力。Tiff 16bit Scaledで保存。
  8. マカリ:上のfitファイルを読み込み、GIMPで処理できるように8ビットのtiffに出力
  9. GIMPTiff 16bit Scaledを読み込み。8bitに落ちてカラー情報が失われるけど我慢。
  10. 彩度を上げる。レベル調整、トーンカーブ調整。
  11. GIMPtiffで出力
  12. canon digital photo professionalで読み込んで、ノイズ処理。カラーノイズと輝度ノイズを除去してJPGに出力。おわり

まだまだ改善の余地がたくさんありそうですが、CCDStack2以外は、無償ソフトを使っているのがポイントです。いまのところ、DSSを使う処理の方が圧倒的に楽です。

*1:逆でもいいかも知れない、つまりLRGB分解したあとダーク・フラット減算しても結果はかわるか?

*2:アライメントはLRGB分解のあとで行なう。先にやってしまうとおそらくベイヤー配列がくずれて(?)いろがつぶれる

10月下旬の遠征

ことの起こり

ちかごろ大分寒くなってきましたね。

天文部の部員は、なぜか男女揃って体脂肪率の低い学生が多い。スリムなのは悪いことでないのですけど、そうなるとどうしても寒さに弱い。本格的な冬になってしまってから遠征観測に行こうものなら、彼(女)らはあっという間に低体温症、ということになって意識の混濁・錯乱などをおこしてしまうかもしれません。そこで寒くなる前に顧問は

「今夜、観測に行こうではないか」

とみなさんをお誘いしたところ、

「いくぜ!」

と4人ほど部員が集まりました。

新しい機材

そろそろステップアップして新しいカメラを導入したいなぁ、と顧問は思っていました。冬にはMT200を主に使って小さな銀河をたくさん撮影したい。コマコレクターを装着したMT200のイメージサークルは、フルサイズのカメラをカバーできるほど大きくはないので、APS−Cのカメラでいいものはないだろうか・・・。そう思っていたところ、とあるweb上のオークション会場にEOS60Daという天体写真専用カメラが出品されているのを見つけました。会場では、他にも60Daを欲しがっている者が数名いて、激しい争いになりました。顧問はとちゅうから錯乱状態に陥りながらマウスをクリックしまくって、これを落札しました。

そして遠征

名取市を17時出発。「常磐道」という高速道路に乗って南へ。南相馬鹿島スマートICに隣接した食堂で食事をとりました。

f:id:snct-astro:20161024185202j:plain

「お腹がいっぱいです」という4人(左から「おのでら、田中、中村、加藤」です)。みんなスマートですね。ここで高速道路を降りて、内陸へ20分ほど車を走らせると、目的地の「はやま湖」に到着。宮城と福島の県境にあるダム湖で、期待通り暗くて星がよく見えました。

部員「おのでら」は、スカイメモRと300mmレンズで撮影の練習、「田中」「中村」は、初めて一眼レフをつかって固定撮影の練習をしました。とにかくみなさん熱心でした。ところが、さいきんハードな卒業研究ですっかり疲れてしまっている「加藤」は、ちょっと星を見て「はあああー」とかため息をついた後、カップラーメンを食べたのち「寒いっす・・」とかいって車の中で寝ておりました。

f:id:snct-astro:20161024221802j:plain
はやま湖での星空(中村・田中撮影)EOS kiss x5 iso1600 60sec露光

顧問は、60Daのファーストライト。M33を撮影しました。赤いポチポチが少し映って嬉しいです:

f:id:snct-astro:20161027093516j:plain

2016年10月24日 22:30~23:40 M33
canonEOS60Da タカハシε200 on NJP赤道儀 ノータッチガイド
ISO1600 210sec x 20 =70min、光害カットフィルタ不使用
DSSでコンンポジット、ダーク・フラット補正後、EOS Digital Photo Professionalでノイズ除去

今回の観測、現地では4時間ほどの滞在でしたが、思いの外さむかった。冬に観測するならもう少し考えないといけません・・・。

宮城県・福島県周辺のおすすめの星空スポット

快適に天体観測ができるためには

  • 空が暗い・近くに街灯がない
  • 視界が開けている
  • 風が強すぎない
  • 地面が平坦で舗装されている
  • 車が近くを通らない
  • できれば、トイレが有る事

などあり、なかなか厳しい条件です

宮城県全体の状況としては、仙台市の明かりの影響や、沿岸部があまり復興していない事などを考えると、福島県境、蔵王地方、栗駒地方、石巻以北の沿岸部などがおもなスポットになります。刈田岳山頂や、泉ガ岳がおすすめの場所であるというweb上の情報は良く耳にしますが、どちらも仙台の明かりの影響が強く、あまりよい場所とは思えません。

以下では、仙台高専の天文部が観測した範囲内で、おすすめの場所を紹介します:

  1. くりこま高原イワカガミ平 https://goo.gl/maps/zcqa99y1b6n
    標高の高さ、仙台市からの距離を考えると県内で最も星空がすばらしい場所。栗駒市を見下ろす夜景もすばらしい。トイレがあるので女性にもgood。欠点は真夏でも真冬の服装が必要なほど寒い事、山から吹き下ろす強風が凄まじい事。山頂付近だけ時雨模様になる事が多く、その場合は少し下ったところに点在している空き地に移動するのが吉。
  2. 神割崎キャンプ場の駐車場 https://goo.gl/maps/t5EVtyZm31A2
    標高は低いが、周辺は十分に暗い。トイレあり。すこしあるいたところに自動販売機があるが、光は届かない。近くの街灯は21時に自動的に消える。 
  3. はやま湖ダム周辺 https://goo.gl/maps/MLx1mnm5naL2
    常磐道南相馬鹿島スマートICからのアクセスがよい上に、ダム周辺は恐怖を感じるくらいの闇。ダムを渡る橋上ではナトリウム灯の街灯が眩しいが、これは20時に消灯するようだ。トイレなし。近くにコンビニなし。
  4. 七ヶ宿スキー場 https://goo.gl/maps/VjnZA6XG1T72
    営利施設なので、深夜に入る場合は要問い合わせ。コテージを借りるなどして、キャンプをしながら駐車場で天体観測をするのが吉。駐車場は極めて広大で、街灯も夜は消灯している。仙台市の明かりも届かないという噂。
  5. 蔵王ハートランド牧場駐車場 https://goo.gl/maps/35xyfWk4qVU2
    そこそこの標高とそこそこの暗さ。北東の方向はやや明るい。駐車場が若干斜面なので、赤道儀を立てる場合は対策が必要。トイレなし。
  6. 霊山こどもの村駐車場 https://goo.gl/maps/8suxnwnrCp42
    あ登山口とこどもの村の駐車場が利用可能。すこし街灯があり。場所を選べばそれほど気にならない。綺麗なトイレがあるが、センサーで点灯すると消えるまで時間がかかる。そこそこの標高と十分な暗さ。東北中央自動車道の開通後は、かなり各方面からのアクセスがよくなる。

東北地方の新聞「河北新報」の夕刊に、我々の活動が紹介されました。恥ずかしながら,紹介したします:

www.kahoku.co.jp