天文はかせ序二段(仮)

仙台高専(旧・宮城高専)天文部の活動記録です

今月最後の観測(書き込み:コモン)

名取市のゴミ処理場のある丘には、白い陸橋が架かっている。周囲には街灯が無くて、視界も東方向にひらける。眼下には市街の明かり、遠方に仙台空港も見渡せる。今朝は、外気温2℃、霜。雲少なし。

朝4時50分。陸橋には「先客」が何人か。5cmの双眼鏡で、水星と同視野にアイソン彗星が確認できたけれども、かなり淡い。彗星がどういう風に見えるかを知っていないと、見えていても「見えない」という感じ。写真にはしっかり写る。

f:id:snct-astro:20131123053701j:plain

昨日は、青白く写ったんだけどな。ようやく、無限遠にピントを合わせられたけれど、彗星はもともとぼやけているので、この場合、下方の夜景にピントをあわせた方がいい写真になる気がする。レリーフを忘れたのが痛かった。

f:id:snct-astro:20131123055520j:plain

5時半には、星が薄明の中へ消える。今月の観測は今日でおしまいとする。