読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天文はかせ入門(仮)

仙台高専(旧・宮城高専)天文部の活動記録です

12月のアイソン彗星

観測のほうこく

念のため、朝4時の目覚しで起きる。上空は薄曇りで。さてもう一眠りとベッドに潜り込むも、まぶたの裏側に、雲が流れて晴れ間がのぞくような映像がちらついて眠れず。ワンチャンスを狙って車で15分、海岸方面へ移動。

f:id:snct-astro:20131212062243j:plain

これはシミュレータからの映像。本日、ISON彗星のカケラは、赤マークの位置に存在しているはず。わずかでも光を放っていれば、何らかの形で写真に写るはず。と思って今朝撮影した写真:

f:id:snct-astro:20131212062042j:plain

暗い丸でかこった部分が、該当する箇所。この写真に映っている一番暗い光斑が、約9.5等星。近日点通過後の12月のISONは、すくなくともそれよりは暗いようです。ノイズをもう少しなんとかすれば、何か見えるのかもしれませんが。