天文はかせ序二段(仮)

仙台高専(旧・宮城高専)天文部の活動記録です

赤い星雲

夏休み明け、学生たちは期末テストを受験します。一週間強に渡る試験期間を経て、すっかり憔悴してしまった彼らを尻目に、顧問は専攻科生のアベ、ニシウラ、去年卒業し関西の大学へ進学したEKを連れて観測に行きました。変人三人+顧問。場所は蔵王。今回の目的は北アメリカ星雲の撮影です。

昨年、ヤフオク経由でキャノンD40の赤外改造カメラを格安で手に入れ、バラ星雲を撮影したものの、上手くいきませんでした。センサー部分が汚れていて「安物買いの銭失い」とはよく言ったものであるよなあ、と反省していたのでした。しかし、センサー部分を布で拭き拭きしてみると汚れはある程度取れた模様。季節は秋だし、北アメリカ星雲を撮影してこましたろ、と蔵王連邦へでかけてきました。

いろいろと苦労と失敗はありましたが、結果的には初めて赤い星雲を撮影できました。とっても嬉しいです。

f:id:snct-astro:20150920175428j:plain
2015年9月19日 北アメリカ星雲 CANON EOS 40D(赤外透過改造), EF 70-200mm(200mmで使用)F4,SkyMemoR 180秒露光x15枚 ISO1600   

今回撮影場所は、蔵王の滝見台とよばれる場所です。空はあまりは開けていませんが、茂る木々が当日の強風をうまく遮ってくれました。

そこに同じ目的て訪れていたIさんと出会い、知り合いになりました。同氏所有のNikonD800で撮影した星景はすばらしく、「やっぱりフルサイズのカメラがほちいなー」、と思いました。