天文はかせ序二段(仮)

仙台高専(旧・宮城高専)天文部の活動記録です

一人ではやま湖

いくつかテストしたいことがあって、金曜日に1人で「はやま湖」に行ってきました。

テストというのは、まず自家用車(プリウス)にNJP赤道儀とピラー脚、MT−200を積めるかどうか? またそれを独力で展開し、撤収するとなるとどのくらい疲れるかを試すことです。

プリウスへの機材の積み込みで問題になるのはピラー脚で、もし積めないようならNJP用の三脚を新たに調達する必要がありました。試してみたところ、横に寝かせれば分解しなくても大丈夫でした。それで、「積み込みは可能」であるとわかりました。しかし、翌日は激しく筋肉痛になり、体力の消耗はかなりきついものでした。

18時に名取を出発、途中で食事をとって、はやま湖に到着したのが8時半。機材を展開するのに30分かかって、21時から撮影を開始しました。対象はNGC981。

しばらくして、同じ目的ではやま湖を訪ねてきた方がありました。Yさんは、なんとこのブログをみてはやま湖にきてくれたそうです。GP赤道儀にオートガイドをつけて、borgの望遠鏡とEOS6DでM45を撮影していました。いろいろと教わりました。

この日はしばらくして曇り空。私も3枚ほどライトフレームを撮影した時点で、あえなく撤収となりました。ざんねん。

f:id:snct-astro:20161110211322j:plain
2016年11月4日 22:00ころ NGC981
canonEOS60Da タカハシMT-200 on NJP赤道儀 ノータッチガイド 中心部トリミング
ISO3200 210sec x 3、光害カットフィルタ不使用
CCDStack2でダーク補正&コンポジット、フラット補正後なし、EOS Digital Photo Professionalでノイズ除去

おもったより暗い銀河でした。ほんとうはNGC7331を撮影するつもりだったのですが、対象を勘違いしてました。