天文はかせ序二段(仮)

天文はかせ序二段(仮)

仙台高専(旧・宮城高専)天文部の活動記録です

台風一過のIC1805 & IC1848

10月4日、金曜日。

台風から変わった温帯低気圧が、夕刻に東北南部を通過していきました。日没後は「西高東低」の気圧配置が発生して、太平洋側は晴れの予報。

とはいえ、台風です。

普通だったらお家でおとなしくしているのが常識人というもの。しかし私は変態! 21時に自宅を出発して、福島県のはやま湖に出かけて来ましたよ。家族も

「キヲツケテネー(棒読み)」

と暖かく見送ってくれました。

本降りの雨の中、機材を車に詰め込みます。そしてワイパーを動かしながら南進。

「いったい何やってんだ俺は?本当に晴れるのか?」

なんて、こんな遠征は初めて。

はやま湖に到着。すでに星がちらほら見えていて、急速に雲が切れつつありました。先着(!)のカノープス氏と空を見上げていましたら、じきに快晴となりました。しかも不思議と無風。「大勝利ですなあ」と各々撮影を開始しました。

ハート&ソウル星雲

250mmのMamiya Apo-sekorで表題のハート&ソウル星雲をモザイク撮影するのが今回の狙い。しばらくして暴風状態になりましたが、それは想定内*1。250mm程度の焦点距離ならガイドにはさほど影響ありませんでした。60DaとKissX5のツインで「ハート」を30枚撮影した後、「ソウル」を14枚撮影した時点で曇り。即座に撤収して帰宅した次第でした。

The Heart and Soul nebulae ver2

Date: 4th Oct. 2019
Location: iidate, Fukushima
Camera: Canon EOS 60Da, EOS Kiss X5 twin
Optics: Mamiya Apo-sekor 250mm F4.5
Exposure: 300sec. x 30 and 300sec. x 14(ISO1600), mozaic
Guide: Kenko SEII, PHD2 guiding

ハートとソウルにノイズレベルの差はありますけれど、モザイクしてしまえば結果的にあまりよくわかりませんでした。今回は、画像処理の進め方に関して、2点ほど進歩がありました。機会があればまたまとめて書きたいと思います。

 

 

 

*1:というか、それまで無風だったのが想定外