天文はかせ序二段(仮)

天文はかせ三段目(仮)

仙台高専(旧・宮城高専)天文部の活動記録です

Zoom観望の閉会後、自宅からM8とM20

先日のZoom観望会を閉会して寝支度を整えた頃、いて座付近が南中していました。さきほどまで少し霞んでいた空の透明度も、若干回復した様子。眠いのを少し我慢して、出しっ放しの機材でM8付近を撮影て見ました。

M8 and M20 taken from my backyard.
Date: 25th. April. 26:20~26:40
Location: Natori, Miyagi.
Optics: Zeiss app-sonner 135mm F2, IDAS NB1 filter
Camera: ASI294MC-pro
Exposure: 30sec. x 40flames, gain390(temp -10deg)

 

撮影地は、仙台市中心部から南に13kmほどしか離れていない住宅街でF2のレンズを開放で使ってgain390で撮ってます。露光30秒でもM8の中心部はすこし飽和してしまいました。光害カットフィルターとして、IDASのNB1フィルターを使ってます。

f:id:snct-astro:20200502094339j:plain

有名なサイトロンのQBPフィルターと同じく、NB1もHαとOIII線を通すように設計されています。QBPに比べると、こちらの方が若干バンド幅が狭いようです。このフィルターの威力は、多くの方がすでに実証されているところではありますが、改めてその威力に驚きます。ただ、カラーバランスがかなり崩れます。

f:id:snct-astro:20200502100156j:plain

背景をニュートラルにしても、GとBにくらべてRだけが極端にコントラストが高い状態で、画像はどうしても赤茶けた感じになります。それを「そんなもの」と我慢しさえすれば、都市部近郊でも十分に撮影を楽しめますね。上の結果で言うと、「猫の手」やM20の青い方が結構映って来たのが驚きでした。