天文はかせ入門(仮)

仙台高専(旧・宮城高専)天文部の活動記録です

NJP赤道儀&PD5-XYコントローラでオートガイド

はじめに

今年の初め、我々は次のような事を書きました:

今年の目標は、オードガイド*1を取り入れることです。しかしその前にNJPのノータッチで何分まで露光を伸ばせるか色々と挑戦中で、今回の240secは最長記録となりました。

そして書いておいて忘れておりました。といいますのも理由があって、オートガイドを取り入れるには様々な困難があります。いま我々が使っているのは、タカハシのNJP赤道儀です。往年の名機とよぶべきものですが、ずいぶん年代物で「オートガイド端子」というものは付いていません。そのままではオートガイダーが取り付けられないわけです。 

K-ASTECという天体撮影グッズを取り扱うお店では、NJP赤道儀でオートガイドや自動導入を行なうための改造を受け付けています。しかしそれは何年か予約待ちをしなければなりませんし、20万円以上の費用もかかります。

「MT-200やε200が載るような新しい赤道儀を買うのも無理だよなー、困った者だよなー」と悩んでおったわけです。

 ヤフーオークションでコントローラの改造 

そんななか、「ヤフオク」を探索していて、

タカハシ PD5-XY PD4-XY-B オートガイド端子加工作業 ■即決価格 8500円Yahoo!かんたん決済即決価格

という何ともマニアックな出品を見つけました。PD5-XYというのは、NJP赤道儀のモータを操作するための、コントローラです。なんか怪しくもあり、躊躇しておりましたが、ついに先月これを落札して、コントローラを改造してもらいました。その結果、

f:id:snct-astro:20171018143456j:plain

こんな感じの端子が、取り付けられました。こんなんで大丈夫なのでしょうか?

オートガイダーとか色々と購入

f:id:snct-astro:20171018144521j:plain
今回新たに購入した物品です。オートガイダーはQHY-5LIIというのを選びました。取り付けのための60mmの鏡筒バンドも買いました。

f:id:snct-astro:20171018144557j:plain
残りの必要なものは、天文部の物置から引っ張り出してきた品々を再利用しました。まずレンズはニコンの135mmF2.8(写真左上)。オートガイダーはCマウントというネジでレンズを取り付けるのですが、これとニコンレンズを接続するためのアダプタもなぜか見つかりました(写真右下)。アタッチメントのプレートも物置に転がっていて・・・

f:id:snct-astro:20171018145334j:plain
こんな風に全体が組みあがりました。ガイドのシステムは、プレートにM8ボルトで直接に固定します。最近のオートガイダーは感度が高くて、明るいガイド星を探すための微動マウントは必要ないそうなので。とにかく頑丈に取り付けました。

さて、ガイド用のPHD2 Guidingなるソフトウェアもインストールしました。あとは
遠征の前に追尾のテストですね。。。

*1:オートガイド:赤道儀で星を追尾する際に、望遠鏡にオートガイダーと呼ばれる小さなカメラとレンズをとりつけ、そのカメラで星の動画を撮影し、星がズレたらそれを修正するための信号を赤道儀におくる仕組みのこと。

中秋の16夜

中秋の名月には一日遅れですが、日没後に東の地平から昇ってきた月を撮影しました。今日の月の出は、17:15でした。

f:id:snct-astro:20171005172807j:plain

アンドロメダ銀河の撮影

こんにちは、すずりょうです。だいぶ涼しくなりましたね。この夏はそこまで気温も上がりませんでしたが笑

さて,おとといは福島県のはやま湖に行ってまいりました。はやま湖周辺は夜には街灯も消えるので、あたりは真っ暗で、星が奇麗に見えました。早速機材を出して撮影準備です。今回はmy kiss X7ではなく、顧問のX5(なにやら怪しい改造が施されているそうな...)を相棒に、撮影に挑みました。人数が少なかったので、カメラとスカイメモは独り占めさせていただきました( ̄▽ ̄)

f:id:snct-astro:20170927180443j:plain

2分間の撮影を30回弱ほどおこない、重ね合わせ処理をしました。M31を中心にM32やM110もちゃんと写っていますね。気象条件がとてもよく、最高の天体観測日和(夜空ですが)でした。

これからの時期は夜の冷え込みが一層増しますが、秋の夜長、ゆっくり星空を眺めてみるのもいいのでは。それでは今日はこの辺で。

M31と新星

我々の学校はもう夏休みは終わりましたが、それでもなぜか授業のない期間が今月いっぱい続いております。それでお天気がよいので、はやま湖に撮影に行きたくなってきました。

顧問は、いつも暇そうなABEを誘ってみました。しかし最近彼は蕎麦やうどんを給仕するアルバイトに頻繁に従事しており、なかなか誘いに乗ってきません。以前ならば、
「バイトなんぞドタキャンすればよい、そのための安い時給だ」と言えば
「そうですね。ウケケ」などとついてきたものですが最近は
「いやいや・・そういうわけには参りません。臨時雇いとはいえ、一定の社会的責任というものがあります。」
などと分別がついてしまいました。

そこでさらに輪をかけて暇な寮生たち(スズリョウ、サトウ、ノゾキド、初参加のDAIGO)を連れて出かけてきました。

最高の条件

当日は、完全な快晴で透明度も良く、天頂付近の星はまったく瞬いていないようでした。しかし、放射冷却で気温が下がり、これまでに経験のない結露に悩まされました。スズリョウはレンズにヒーターを巻いていたので、被害なしでしたが、ε200は斜鏡が完全に曇ってしまい、撮影中にカメラを外して、水分を拭きとらなければなりませんでした。焦りはつのり、そうするとガイドの精度もなぜか下がってきます。はじめは網状星雲を狙うつもりでしたが、明るい対象であるM31に切り替えました。2分露光で、枚数を稼いでみます。フードをはずして、鏡筒をうちわでパタパタ仰いでいると、結露があまり進行しないようでした。しかしこれは疲れるので、次回は乾燥空気をつかうことを考えてみます。

f:id:snct-astro:20170926215842j:plain

 2017年9月25日 22:10-23:15 M31
canonEOS60Da センサー温度27~28℃
タカハシε200, on NJP赤道儀 ノータッチガイド 

ISO3200 120sec x 33、ダーク25枚
DSSでフラット・ダーク処理、平均加算後、GIMPでレベル調整、色調整、DPPでノイズ処理。

APS-Cで800mmですと、構図がぎゅうぎゅう詰めになってしまいイマイチですが、よく写ってくれたと思います。先日の北アメリカとくらべると星が小さいのはシンチレーションとガイドの成功 度の差と思います。画面に見切れているM110にもわずかに暗黒帯があるのがわかります。

板垣氏の超新星

この時期ですと、世界中の人がM31を見たり撮影したりしているはずですが、有名な板垣さんが、そこに新星を発見していたそうです。なんと日本時間の昨日夕方頃に。上の写真にもその新星がちゃんと写っていました。ネガ反転して中心部を切り出してみました。

f:id:snct-astro:20170926222132j:plain

比較のために、2年前に栗駒山で撮影していたM31の同じ区画をみてみましょう。

f:id:snct-astro:20170926222128j:plain

ああ、星がないですねえ。板垣さんは本当にすごいです。

 

 

一人観測会

 

顧問です。そろそろ学校も後期の授業が始まり、忙しくなってまいります。そうなる前に撮影に行きたいものであるよなぁと思っていました。そんな火曜日は台風一過の好天に恵まれました。月謝100円で受信しているSCW気象予報をみて、雲から脱出するべく、北へ。岩手県の「まつるべスノーランド」まで行ってきました。

f:id:snct-astro:20170920182356j:plain

こんな感じの撮影風景です。当日GoogleMapで見つけた場所ですが、暗かったと思います。ただ近くに建物がありすこし明かりが漏れてくるし、南側には森と沢があって視界が狭まり、また湿気が高いみたいです。(我々の撮影では、なによりも風が大敵なので、すこし視界が狭いようなところの方が好都合)

薄明後に天頂にあるNGC7000(北アメリカ星雲)のクローズアップを撮影しました。

 f:id:snct-astro:20170920181743j:plain

2017年9月19日 21:00-23:00 NCG7000("ケベック州"あたり)
canonEOS60Da センサー温度29℃くらい
タカハシε200, on NJP赤道儀 ノータッチガイド 

ISO1600 240sec x 10、
DSSでフラット・ダーク処理、平均加算後、GIMPでレベル調整、色調整、DPPでノイズ処理。

このあと、アンドロメダの撮影にはいったところで雲が広がってきて撤収しました。

講評:そこそこ写ったかなという印象ですが、じつは初歩的なミスにより、ピントがズレています。かなり後悔しています。(MEMO: [Darkness]0と0 [Midtone]45と50 [Highlight]0と0 でフラット。

プラネタ 投影実験

みなさんこんにちは一年のハタナカです。
4月に入部して…
僕 「レンズ式プラネタリウムを作りたいんです」
顧問 「ほうほう…」
僕 「 天文部の活動として作ってもいいですかねぇ」
顧問 「やってみたら?」
と、いうような感じでプラネタリウムを作り始めております。

その後顧問にこれ使ってみたら?と、言われたのはオーバーヘッドプロジェクターです。
なんと、4台!
その後仕組みもわからぬままプラネタメンバーで、解体開始、とりあえずレンズが手に入りました。

そしてふと思った「よくわからんけど、とりあえず投影すればいいかー」そんな感じで、てきとーに作ったのがこれです、f:id:snct-astro:20170915191704j:plain
実験用投影機です、映るんですかねぇ、と半信半疑でライトをつけると…(ファーストライト?)f:id:snct-astro:20170915192436j:plain
おお、映ってるではありませんか!
非常に狭い範囲しか投影できていませんが、投影には成功しました。

こんな感じでプラネタ製作を進めていきたいと思います、ちなみにこれは6月の進捗です、続きはまたの機会に…

ミサイル or 流星?

流星電波観測の解析は遅々として進んでいません。

今朝(9/15)北朝鮮からのミサイルでJアラートがなって、気分が悪かったですね。ニュースによると、今日の6:57に発射されたミサイルは7:04~07:06頃に日本の上空を通過して、7:16頃に太平洋に着水したとのことです。

ミサイルは金属製ですし、大気圏から脱出・再突入するときはある程度「電離層」が形成されるのかもしれず、電波観測に引っかかる可能性はなきにしもあらずです。

それで、今朝のデータをみてみたら、ちょっと驚いてしまいました

f:id:snct-astro:20170915174709p:plain

きっちりと同じ時間帯に、斜めのノイズが走っています。

こういうノイズは、数日に何回か良く現れるのでたまたま時間が一致した可能性は十分にあります。