天文はかせ序二段(仮)

天文はかせ序二段(仮)

仙台高専(旧・宮城高専)天文部の活動記録です

送別冬合宿

思い出せば5年余りまえ、ろくに活動をしていなかった当時の天文部に元気な1年生が2名、入部してきました。ざわなかさんと5100(ごとうれい)さんです。それがきっかけとなって、夏に蔵王での初合宿をおこない、このブログもスタートしたのでした。

そのあとなかむら、たなか、スズリョウ、オノデラ、阿部なども加わって、その学年の部員たちが天文部の主力となります。

彼(女)らは、今年の3月に卒業。さよならです。送別会をかねて、部員たちが最も恐れ「やりたくない」と主張していた冬合宿を行うことにしました。宿泊と観測場所は気仙沼の小さな宿泊施設「コテージキクタ」。開催日は2月16日(金)~17日(土)としました。

コテージへ

開催日の週末にかけて低気圧が近づいて、GPV予報も曇り。まあそんなもんだよね、と三陸道を北へ。登米あたりまでくると白鳥やマガンが田んぼの上を曇り空を飛んでいます。

f:id:snct-astro:20180216152341j:plain

日本の空はどこで撮影しても電線がはいるよね。最近覚えたphotoshopで消してやりましょうか。

f:id:snct-astro:20180216152342j:plain

消しました。

さておき、日没前にコテージに到着。

f:id:snct-astro:20180216163252j:plain

かわいいトレーラーハウスです。オーナーは一関高専の卒業生だとか。素泊まり一泊3800円なり。

観測地を探し、夕食の買い出し

暗くなる前に、観測予定地の下見に向かいました。コテージから車で3分ほど走ると、海沿いに出ます。

f:id:snct-astro:20180216165047j:plain

岩井崎というところで、近くには駐車場。周辺は盛んに復興工事が行われていて、民家も思っていたより点在していました。風も強くて近くに明かりも多くここでの観測を諦めて、少し離れたところの津波避難所を利用させてもらいました。

f:id:snct-astro:20180216165443j:plain

日が暮れていきます。果たして晴れるのでしょうか。

ちかくのスーパーに買い出しに来ました。今夜はカレーを作成します。

f:id:snct-astro:20180216174722j:plain

「バカモノ、ジャワカレーの中辛はこくまろカレーの辛口に相当するのだぞ!」

と顧問は5100を怒鳴りつけています。

このあと、一行は料理班と機材設置班に分裂して、それぞれ作業に勤しみました。機材設置班が仕事をおえてコテージに戻ると、料理班の阿部がニンジンをぶちまけていました。バカモノ!

f:id:snct-astro:20180216194505j:plain

やっと観測

カレーを食べて、ゆったりしたあと、高速バスで移動してきた1年生たちとも合流。ようやく観測を始めました。f:id:snct-astro:20180216212714j:plain

彼らが見上げているのは、星々ではなくてノッペリとした曇り空です。しかし顧問は、なんとなく晴れるような気がしていました。実際、日付が変わるころに晴れ間がやってきました。

f:id:snct-astro:20180217014710j:plain

久しぶりに登場のε200で、しし座の三つ子銀河を狙います。そうして夜は更けていきました。

leoTroplet_dss1_ps
 しし座の三つ子銀河、M65(右上)M66(右下)NGC3628(左)
2018年2月16日25:05~27:36
鏡筒と架台:Takahashi ε200 on NJP赤道儀
カメラ:EOS60Da
撮影データ:300sec * 23flames ISO1600
PHD2による自動ガイド(5秒間隔)
 

撮影結果です。ちょっと構図がずれていますが、再び空が曇るのを恐れるあまりアングルを追い込む余裕がありませんでした。にしてもなぜか素晴らしく解像した傑作が撮れたなと思っています。

 

上の写真の再処理:

leoTroplet_dss1_ps2

よくあさ

観測に利用した場所で記念撮影をしました。ちょっと小さめの画像でご紹介します:

 f:id:snct-astro:20180218171934j:plain

それではさようなら。

三脚を入手!

我々の天文部が属している高専という学校は、どちらかというと高校よりも大学に近いところです。各学科には「研究室」があって、そこでは「研究費」が配分されています。そのため高価な研究機材があちこちにあるのです。

それで今回、とある研究室でしばらく使わない予定の三脚を、偶然的に発見してしてしまいました。さっそく、その研究室の教授のところに押しかけました。

「あの三脚、いいですよね。え!使ってないんですか?使ってないんでしょ。うん、貸してよね。」

とお願いしたところ、快く承諾していただきました。借りてきましたよ我々は。

f:id:snct-astro:20180214183332j:plain

写真の左側が、その三脚。アメリカ製みたいですが、BRUNSONというのでしょうか?よくわかりません。右側は今まで、NJP赤道儀を載せていたピラー脚です。この三脚、一部カーボン製になっていて、とにかく軽いです。片手で持てるくらいです。それでいて強度は申し分ない様子。

そのままでは、赤道儀を固定できないので、旋盤を使って下の写真のようなアダプタを作製しました。

f:id:snct-astro:20180214183658j:plain

6つのインチネジでこのアダプタを三脚に据えて、3つのM10ボルトで赤道儀を固定します。

f:id:snct-astro:20180214184103j:plain

これでだいぶん、遠征が楽になりました。ありがとうございました。

記事の紹介

リンク貼っておきますね。

「70歳」の方は、神戸高専の卒業生だそうです。記事の立派な天文台は、5000万では足らないような気がしますが。

www.kobe-np.co.jp

皆既月食の観測 ーー 撤収すると晴れるの法則

31日の皆既月食へむけて、天文部では「皆既月食観測会」を企画。学校の屋上で、みんなで月食を観測しよう!というわけです。ラグビー部や野球部に比べれば、学内ではほとんど知られていない天文部の闇の活動を、アッピールしようという魂胆もありました。ノゾキドさんにチラシを作ってもらって掲示したりして、全校生徒にアナウンスしました。

しかし、当日の宮城県名取市は厚い雲に覆われていました。薄明後、観測会会場の屋上には天文部の4名と顧問だけの姿がありました。寒風に乗って、チラホラ雪も舞っていたのです。

動画は18時から22時30分まで、約4時間半のタイムラプスです。


絶望的な曇り空です。約35secからかけ始めの様子が、1m03sころに皆既の様子が一瞬だけ見えます。

撤収すると晴れるの法則

そして、また機材を展開すると曇る。これは本当に恐ろしい法則です。

夜も更けて、めぼしい部員たちは都合があって帰宅。顧問とナカムラは23時ごろまで屋上で粘りました。立ちっぱなしでだいぶん疲れて来ました。とうとう、

「もうだめですな、ナカムラどの」
「そうですな、ナガヒロどの」

とアキバのオタクのような会話を交わして、我々も撤収しました。

あらかた機材を片付けて身支度をととのえ、再び外に出るとなんと晴れていたのです。恐ろしいことです。ちょうど真上に、皆既を終えたばかりの月がはっきりと見えていました。我々はクタクタでしたが、仕方なく、イヤイヤ撮影を開始しました。あたふたしているとどんどん月が太くなっていきます。

f:id:snct-astro:20180131235747j:plain

ターコイズフリンジ(?)の部分、すこし青っぽく見えますね。まあよかったよかった。

 

皆既月食の観測

みなさんこんにちは、すずりょうです。昨日の皆既月食についての報告をしましょう。と、その前に。

まず、皆既月食ってなんなの?という方もいるかと思うので簡単に解説します。皆既月食とは、太陽から見て月が地球の影に入り込み、月に太陽の光が当たらない状態のことをいいます。太陽ー地球ー月というように一直線に並んだ状態です。また、今回の皆既月食については、「スーパーブルーブラッドムーン」なんて名前がついているそうです。(スーパームーン:月が地球に接近し大きく見える、ブルームーン:一カ月に2回の満月、ブラッドムーン:皆既月食により赤く見える)

さて、観測の報告に移りましょう。空を見上げると、「わぁ、きれいな月!」となるわけもなく、厚い雲に覆われていました。時折、雲が薄くなる瞬間に赤っぽく見えることはありましたが、すぐに雲に隠れてしまいます。その後、皆既食となっている時間に雲が晴れることはありませんでした。しかしその後、月が元の状態に戻り始めてすぐ、雲が一気に晴れたではありませんか!すかさず写真を撮ります。部分食になって3分後に撮影したものがこちら!f:id:snct-astro:20180131231138j:plain

写真の上の方は赤っぽくなっていますね!んん、一応、月食を撮れたってことにしよう...皆既食はまた次の機会にチャレンジします。いつのことやら...

冬の星座

ここしばらく天気が悪そうで、次回の観測は2月になりそうです。そうすると夜半からは春の星座ですね。銀河をたくさん撮影しようと思います。

ところで、いつもの観測場所であるはやま湖ですが、奥の方に湖の展望台があることを先日ご一緒したnkhrさんに教わりました。観測のあとに行って見ますと視界がひらけていて、星景をとるには良さそうな場所でした。西の方向に、沈みゆく冬の星座を一望できました。ナカムラが撮影した写真に、注釈を加えて見ました。

f:id:snct-astro:20180121225836j:plain

バラ星雲からコーン星雲にかけて

先日、部員ナカムラと二人で出かけて来た撮影成果の二つ目です。135mmのレンズでバラ星雲からコーン星雲にかけて撮影しました。

f:id:snct-astro:20180119192517j:plain

2018/1/12  バラ星雲からコーン星雲付近
カメラ:Canon EOSKissX5 新改造
レンズ:Aposonner, 135mm F2(->F2.8)
露光:ISO800 240sec x 48
NJP赤道儀 PHD2ガイディング
画像処理:DSSでフラット・ダーク・スタック処理。PhotoShopで強調&ノイズ処理

写真中央下に大きく写っているのがバラ星雲。そこから上の方へ目を移すと、青い星雲を伴った小さな星団があってこれは散光星雲IC2169と呼ぶそうです。さらにその左側には暗黒帯を伴った、赤く淡い領域(コーン星雲)が広がっていて、その中心部分にはクリスマスツリー星団と呼ばれる星の集団がみえます。バラ星雲から淡く伸びる二本の腕は、そのままコーン星雲につながっていて、これらは同じ起源なのかなと想像します。

明るいレンズのおかげで、ISO800と落としても240秒で適正露出となりました。ご興味があれば、このブログで今年の1月1日にアップした70mmマクロレンズの結果と比べて見てください。