天文はかせ入門(仮)

仙台高専(旧・宮城高専)天文部の活動記録です

火星

 

お久しぶりです。もう五月になってしまいました。夜更けには蠍座やいて座がのぼっています。蠍座の近くには、火星が赤く強く輝いていて、土星と並んでにぎやかです。火星を撮影してみました。

f:id:snct-astro:20160520181259j:plain

2016/5/18 11:30 火
撮影地:宮城県名取市
カメラ:CanonKissX7
,鏡筒:タカハシMT200 on NJP赤道儀
拡大撮影:Or7mm アイピースを使用

動画:1920x1080 24fps ISO800 2800コマから2500コマをLynkeosで処理

惑星撮影で木星などを撮影する場合、これまで惑星面の模様などを見ながら目算でピントを合わしていました。しかし、火星の模様ははっきりしないため、ピント位置がはっきりしません。バーティノフマスクを使うためには、近くの適当な一等星などを導入しピントを合わせてから、火星へ視野を移動しなければならないのですが、7mmのアイピースをつけた状態で移動するのは至難の業です。しかし今回は、ファインダーの精度を追い込んだら、以外に出来ました。はじめからそうしていればよかった。