天文はかせ序二段(仮)

天文はかせ序二段(仮)

仙台高専(旧・宮城高専)天文部の活動記録です

南東北周辺のおすすめの星空スポット(宮城・福島・山形)

(※このエントリーは、随時更新しています。最終更新2018/10/14)

快適に天体観測ができるためには

  • 空が暗い・近くに街灯がない
  • 視界が開けている
  • 風が強すぎない
  • 地面が平坦で舗装されている
  • 車が近くを通らない
  • できれば、トイレが有る事

などあり、なかなか厳しい条件です

宮城県全体の状況としては、仙台市の明かりの影響や、沿岸部があまり復興していない事などを考えると、福島県境、蔵王地方、栗駒地方、石巻以北の沿岸部などがおもなスポットになります。刈田岳山頂や、泉ガ岳がおすすめの場所であるというweb上の情報は良く耳にしますが、どちらも仙台の明かりの影響が強く、あまりよい場所とは思えません。

以下では、仙台高専の天文部が観測した範囲内で、おすすめの場所を紹介します:

宮城県

  1. くりこま高原イワカガミ平 https://goo.gl/maps/zcqa99y1b6n
    標高の高さ、仙台市からの距離を考えると県内で最も星空がすばらしい場所。栗駒市を見下ろす夜景もすばらしい。トイレがあるので女性にもgood。ただし、風が吹くと真夏でも真冬の服装が必要なほど寒い。地元の方によると、夏場は山頂付近だけ時雨模様になる事が多く、その場合は少し下ったところに点在している空き地に移動するのが吉。言うまでもなく、冬場の観測は無理。
  2. 神割崎キャンプ場の駐車場 https://goo.gl/maps/t5EVtyZm31A2
    標高は低いが、周辺は十分に暗い。トイレあり。すこしあるいたところに自動販売機があるが、光は届かない。近くの街灯は21時に自動的に消える。 
  3. 七ヶ宿スキー場 https://goo.gl/maps/VjnZA6XG1T72
    営利施設なので、深夜に入る場合は要問い合わせ。コテージを借りるなどして、キャンプをしながら駐車場で天体観測をするのが吉。駐車場は極めて広大で、街灯も夜は消灯している。仙台市の明かりも届かない。
  4. 蔵王ハートランド牧場駐車場 https://goo.gl/maps/35xyfWk4qVU2
    そこそこの標高とそこそこの暗さ。北東の方向はやや明るい。駐車場が若干斜面なので、赤道儀を立てる場合は対策が必要。トイレなし。
  5. 宮城蔵王白石スキー場の駐車場 https://goo.gl/maps/rmZW1SuvffH2
    夏場は登山客向けに駐車場が解放されている。広大で東方向は風景がひらけていて、ちょうど白石市を眼下に望む。標高800mあるが、東は明るく、南から西はくらいが山に遮られて視界が狭い。かといって、西側の視野を広げるために駐車場の東側に陣取ると、山からの吹き下ろしの風が強い。案外使いにくい感じ。トイレあり。白石駅から車で30分と近い。
  6. 蔵王 賽の河原駐車場 https://goo.gl/maps/hwSKUxbpxzL2
    夏場には、宮城県周辺の多くの天文ファンがあつまる。標高1200m。南から南西方向は特に暗いので、夏場に射手座や蠍座付近を観察するのに適。東方向は仙台市の光害がモロです。山頂付近は、峠越えの雲がかかることが多く、それを避けるために500mほど標高が低いこの場所で観察することが多いみたいです(駐車場に立っている小さな小屋は、トイレだったっけ?確認次第書き込む)。全般的に風が強いことが多い。
  7. やくらいガーデン駐車場 https://goo.gl/maps/9eKPZtHHYqE2
    南から東の方向は、仙台市や近くの市街地の光害が影響するけれど、それ以外の方向、とくに西や北は思いの外暗くて結構使える。視界も開けていて、リラックスして観望できる。周辺には温泉やプール・地ビールレストランなど営利施設が点在。夜間に利用できるトイレがあるかは、要確認。

福島県

  1. はやま湖ダム周辺 https://goo.gl/maps/MLx1mnm5naL2
    常磐道南相馬鹿島スマートICからのアクセスがよい上に、ダム周辺は恐怖を感じるくらいの闇。ダムを渡る橋上ではナトリウム灯の街灯が眩しいが、これは20時に消灯するようだ。冬の晴天率はピカイチ。トイレなし(車で5分ほど離れたのダム事務所の駐車場に公衆トイレあり)。
  2. 宇多川湖北岸の駐車場 https://goo.gl/maps/9oVppXMDvcB2
    暗さや仙台市からのアクセスは、はやま湖と同等。街灯はないが、道路が近いので稀に自動車ライトの影響を受ける。南から西方向の視界が開けているのがはやま湖にくらべて良い点。東空はダムの街灯の影響がのこる。トイレなし。
  3. 霊山こどもの村駐車場 https://goo.gl/maps/8suxnwnrCp42
    登山口の駐車場が利用可能。すこし街灯があり。場所を選べばそれほど気にならない。綺麗なトイレがあるが、センサーで点灯すると消えるまで時間がかかる。そこそこの標高と十分な暗さ。北側の山と東側の林のため、視界は若干狭い。東北中央自動車道の開通後は、かなり各方面からのアクセスがよくなる。冬型の気圧配置の時は、霊山ごえに雲が発生しやすいような。

山形県

  1. Asahi自然観 https://goo.gl/maps/QTjWhwc5a1v
    山形県朝日町。営利施設なので、深夜の立ち入りは要問い合わせ。コテージなどに宿泊しつつ、施設内の外灯を避けられるポイント(テニスコート横、ゲレンデ近くの公園など)で撮影や観測をするのがよいかと。標高はそこそこ高い。西方向は極めて暗い。東方向は山形市のあかりの影響が少々。我々が一度利用した時は、盆地の山形に雲がかかり「雲抜け」状態になった。北極星がわからなくなったのは、この時が初めてであった。
  2. 弓張平公園駐車場 https://goo.gl/maps/MxD6kHVvz372
    山形県の月山湖の近く。高速道路のICからほど近く、アクセスが便利。駐車場は広大で、外灯が全くなし。トイレもあります。光害マップの値よりはくらいとおもいます。盆地なので、気象条件によっては湖からの霧の影響を受けるかも。さらに北上するとオートキャンプ場があるが、ここは夜間駐車禁止なのでご注意ください。さらにさらに北上したところにある姥沢駐車場まで車で15分ほど。こちらは近くの宿泊施設の照明が眩しく、観望には支障あり(撮影には支障ないと思います)。