読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天文はかせ入門(仮)

仙台高専(旧・宮城高専)天文部の活動記録です

久しぶりの観測

観測出発前。本科5生・専攻科2年は卒研を終え、静けさが訪れた研究室。「あぁ今年度ももう終わりか。ぼくらは就活, 院試の時期か......。」と行く先将来に不安を覚えブルーになっている阿部です。ブルーになるのが遅い気がしますが、性格ですな。 例のごとく…

冬も終盤の観測

日本地図をみると、宮城県の海岸線はなめらかな曲線で内陸側へくびれています。奥羽山脈から海岸線までの距離が他の地方とくらべて短いので、冬型の気圧配置が強まると、雪雲が沿岸部まで広がることがよくあります。そのせいで冬の仙台は「虹の名所」なのだ…

先週の週末(2月3日)に撮影に出かけましたが、GPVが外れて曇り空。ほぼ成果なしでした。神割崎で3時間ほど空を待ってからあきらめ、牡鹿半島の御番所公園までいどうしたものの晴れ間に恵まれません。 あさがた、半島から仙台市を臨む西の空を撮影しまし…

2017年1月20日 HIP67553と月の接食

数年前、月によるアルデバラン食を観測して以来、すっかり掩蔽観測から遠ざかっていました。しかしいろいろと準備はしてきていました。我々はこれから今夜、HIP67533の接食*1を観測しにいってきます。 今回、接食が観測できるのは宮城県相馬市と新潟県村山市…

M106

あけましておめでとうございます。 余暇や健康、天候などに恵まれず、なかなか観測ができなくて更新も久しぶりになってしまいました。最近は行きたい鬱憤が溜まって、恥ずかしながら観測に行く夢を見たりしておりました。夢の中では、現地に着いたらすでに夜…

ひとりで、はやま湖

酔狂という言葉がありますが、酔狂に生きるのは楽しいものです。 ここ数日、一気に冷え込んできました。平日だろうと構わず、晴れるとなれば望遠鏡を車に積んで夜中に黙々と出かけていく。氷点下の山奥の闇の中で、1人で独り言を言いながら写真を撮影し続け…

天文年鑑

11月18日は、「天文年鑑」の発売日です。来年の天文年鑑を手して「年の瀬だなあ」と感ずるのが正しい天文部員というものです。 天文年鑑 2017年版 作者: 天文年鑑編集委員会 出版社/メーカー: 誠文堂新光社 発売日: 2016/11/18 メディア: 単行本 この商…

NJP赤道儀を回転させる改造

下の写真は、NJP赤道儀を載せているピラー脚の頭の部分です。この上に専用のアタッチメントを取り付けて、赤道儀本体をボルトでガッチリ固定しています。この「ガッチリ固定」に実は問題があります。 というのも遠征先では、方位磁石を使って北の方向に向け…

一人ではやま湖

いくつかテストしたいことがあって、金曜日に1人で「はやま湖」に行ってきました。 テストというのは、まず自家用車(プリウス)にNJP赤道儀とピラー脚、MT−200を積めるかどうか? またそれを独力で展開し、撤収するとなるとどのくらい疲れるかを試すことで…

新しい画像処理の方法

マニアックな話題になりますが、天体写真の画像処理の方法を模索しています。今まではもっぱらDeepSkyStacker(以下DSS)を使っていました。無償なので。これはかなり優秀なソフトウェアなのですが、もうすこし別の方法も探ってみようと。 ネットでいろいろな…

10月下旬の遠征

ことの起こり ちかごろ大分寒くなってきましたね。 天文部の部員は、なぜか男女揃って体脂肪率の低い学生が多い。スリムなのは悪いことでないのですけど、そうなるとどうしても寒さに弱い。本格的な冬になってしまってから遠征観測に行こうものなら、彼(女…

宮城県・おすすめの星空スポット

快適に天体観測ができるためには 空が暗い・近くに街灯がない 視界が開けている 風が強すぎない 地面が平坦で舗装されている 車が近くを通らない できれば、トイレが有る事 などあり、なかなか厳しい条件です 宮城県全体の状況としては、仙台市の明かりの影…

東北地方の新聞「河北新報」の夕刊に、我々の活動が紹介されました。恥ずかしながら,紹介したします: www.kahoku.co.jp

バーティノフマスクづくり

学校のある研究室が、「レーザー加工機」というものを導入したらしい、 http://www.smartdiys.com/smart-laser-co2/(←こんな物です) そこで天文部員達(の一部)で押し掛けました。 「ちょう、ちょっと貸してみ・・・ほら・・。いいじゃん!別に」 と言っ…

フラット補正について

これまでフラットフレームの処理を我々はサボってきておりました。これは周辺減光とよばれる写真の周辺が暗く映ってしまうレンズの性質に対する補正のことです。いつもの顧問の写真も、先日のコミュショー阿部の写真も、画像の四隅が暗くなってますよね。こ…

早朝の水星と木星

10月11日午前4時30分、夜も明けきらない野田山の一角に物好きな数人の部員たちが集まりました。筆者もその一角にぶるぶると震えながら立っていました。 彼らの目的は朝活動でした。早朝のランニングよろしく、朝の澄み切った空気の中で活動する事で気分転換…

初の直焦点

はじめまして どどど、、、どうも初めまして。コミュ障陰キャラの阿部です。1ヶ月前に入部した専攻科一年です。 なんで専攻科生が今更入部?しかもこんな時期に?と思う方もいるかと思いますが、これにはマリアナ海溝よりも深い理由があったのです。。。(長…

久しぶりの星空でした。

事の起こり ほとんど成果が得られなかった天文部の夏合宿から1ヶ月弱。宮城県は、まったく晴れません。あれから星どころか月すら見ていません。そうして9月下旬の新月をむかえてしまいました。今日も朝から雨が降り、雲が垂れています。10月に入れば授業が…

2016夏の合宿報告

現在の天文部が、ちょっとした休眠期間の後に活動を復活し、このブログを書き始めたのは4年前。当時、1年生であった新入部員のざわなかは4年生になり(i.e. 留年していない)いまでは部長を務めています。ことしも、「第四回:夏合宿」を行いました。 ち…

仙台市天文台にて観測をしました。

仙台市天文台には口径が1.3mの「ひとみ望遠鏡」があります。ふつうは観望会などで、覗かせてもらえるだけの望遠鏡ですが、ちゃんとした観測提案書を提出して採択されると、使わせてもらえます。 今回、東北学院大の先生方と協力して「撮像観測による惑星状星…

北アメリカ星雲もう一回

.mce-content-body div.mce-resizehandle {position: absolute;border: 1px solid black;background: #FFF;width: 5px;height: 5px;z-index: 10000}.mce-content-body .mce-resizehandle:hover {background: #000}.mce-content-body img[data-mce-selected],…

北アメリカ星雲

ようやく晴れたので、先日アップした機材のテストをしてみました。自宅の庭の脇で、とりあえず天頂にあった白鳥座の近くを撮影しました、スカイメモRにニコンの300mmを載せて。極軸合わせのために、kyoeiの微動装置を導入したので、だいぶん楽にはなっ…

梅雨が明けましたね

この土日、本校ではオープンキャンパスという中学生を呼び込むためのイベントがあり、天文部もPR活動を行いました。こんな活動をしてますよーとか、こんな写真が撮れるのですよーなどと。それを端から見ていた物理の教員に 「それでは、その惑星状星雲はどう…

NJP赤道儀 ウエイトの改造

部のNJP赤道儀のウエイトシャフトには角ネジのがきってあり、ウエイトをねじ込む仕組みになっています。このタイプは、取り付ける時もねじ込むのが難しく、また取り外す時はネジの終端でいきなりウエイトが脱落したりするので、キケンが危ない感じです。 そ…

惑星状星雲、M57とM27

我々の学校がある名取市は、仙台市の南隣のベッドタウン。光害はかなりきついので、撮影する場合はあまり暗い対象は狙えません。先週の金曜日、高気圧に覆われてきれいな青空が広がりました。残念ながらテスト週間のため学生たちはお勉強中でしたが、月没の…

NGC4565

先日の蔵王野営場で撮影した、NGC4565です。ライトフレーム11枚、ダークフレーム5枚で処理した結果、なんだかノイズが多くてざらざらです。余裕が無くてダークフレームが少なめで、もう少し増やせば良かった。ASTRO6Dを買いたい気分ですが、なかなか決心…

太陽光

虫眼鏡で太陽光を集めて、物質を高温に熱する状況を考える。虫眼鏡の大きさに制限を与えなければ、物質の温度をいくらでも上昇させられるような気がします。しかしその上限は太陽の表面温度で抑えられるというのは、自明でしょうかね? そうすると、理屈上は…

5月の遠征観測

学校は新学期が始まって、はや2ヶ月。ようやく遠征の計画がたちました。天候も答えてくれて、前線通過後に高気圧が張り出して28日はドンピシャリの晴天。参加者は、カトウ・田中・ナカムラと新入部員のオノデラ、と顧問の5人。観測場所は南蔵王野営場で…

月のアップ 

2016/5/18 11:00 月(湿りの海近くのクレーター)撮影地:宮城県名取市カメラ:CanonKissX7,鏡筒:タカハシMT200 on NJP赤道儀拡大撮影:Or7mm アイピースを使用動画:1920x1080 24fps ISO800 2500コマから2000コマをLynkeosで処理

火星

お久しぶりです。もう五月になってしまいました。夜更けには蠍座やいて座がのぼっています。蠍座の近くには、火星が赤く強く輝いていて、土星と並んでにぎやかです。火星を撮影してみました。 2016/5/18 11:30 火星撮影地:宮城県名取市カメラ:CanonKissX7…

震災の日の観測会

3月は春休み。「新月期には観測会を致しましょう。期日は顧問が部員の皆さんにメールで連絡いたします・・・」という話になっておりました。GPV予報をみながら、3月11日を観測日としました。しかし、なぜか参加者はゼロ*1。仕方がないので、顧問は公用車…

木星を一晩観察

木星が衝に近いので、一晩の観察をしてみました。 赤道儀で木星を追尾状態にしておき、20〜30分おきくらいに60秒の動画を撮影することを繰り返しました。途中眠かったり、気が散ったりして、間隔がまちまちですが、23時から翌日の4時前まで撮影しました。 …

ソンブレロ銀河

深夜にもなると春の星座がのぼってきます。オリオン座や子犬座で賑わう冬の夜に比べると、あまり目立つ星があまり多くありませんが、南の空の低いところをみるといびつな四角形が目に付きます。このからす座を目印にして、いくつか星をたどっていけばソンブ…

木星の観測

来月の9日に衝を迎える木星は、ここ最近は一晩中見えています。近いうちに、一晩中撮影して、自転の様子(といいますか大気の動き?)を観察したいなと思っています。 ところで、12日に木星を撮影しました。 2/12/2016 2:50 木星撮影地:宮城県名取市カメ…

久しぶりの観測

初めに 冬の前半は暖冬で、何となく雲が広がる日が多かった。そのあとは強い寒気がやってきて、薄い雪雲が広がる日が多かった。年度末は忙しいなーなんてつぶやきながらぼんやりしていたら、もう二月。冬だというのに、太平洋側に居るというのになんにもして…

金星と土星

金星と土星が接近して東の空に見える、という現象がありました。冬の早朝の観測は、いろいろと辛いものがあります。 4:15にセットされた目覚ましで起きて、寝間着姿で空をみると、中途半端に晴れています。仕方が無いので、着替えて学校へ出発。 東の空…

カタリナ彗星

9日は、未明から日本列島全体が高気圧に覆われ、晴天の予報がでていました。早朝、カタリナ彗星の撮影に出かけました。 朝の撮影は、薄明までの時間との勝負になります。タイムテーブルは以下の通りでした:3:20起床 -> 3:40出発 ->4:20わたり…

カタリナ彗星を確認(コモン)

一ヶ月ぶりの更新になってしまいました。 近日点を通過したカタリナ彗星が、未明の空で見頃を迎えております。現在、部員達は中間試験ですが、コモンは特にすることもないので朝4時半に起きて、閖上海岸へ移動。 実は、先月24日にも撮影を試みたのですが…

NGC7000

11月に入って、晴天がつづいていますね。なかなか夜に外出できる予定が立てられずにモヤモヤしながらGPV気象予報をみておりましたところ、今夜はすばらしく条件が良さそう。ついに我慢が出来なくなってしまいました。 1人で出かけても良いのですが、いき…

今年の学園祭

今年度の学園祭。天文部の展示ポスターです。 作者は、月食観測会のポスターを作成した5100さんです。 実際の内容とはなんの脈絡も無く、不気味な顔を「ドン!」と描くのが彼女の作風であります。

火星によるしし座χ星の食

深夜12時。コモンと中途採用のアベリョウ、ピロッシーの3人で集合。望遠鏡のセッティングのついでに、赤道儀の扱い方講座を実施。一旦帰宅し、明け方の掩蔽を撮影しようという計画でした。 朝4時。雲が出ているものの東側の空は晴れ。MT-200に40mmのアイ…

ぴろっし~の活動報告(Kato)

今年から天文部に入部しましたぴろっしーです。 10月中旬になり下校中、ふと空を見上げると冬の星座が顔を出し始め、私が嫌いな寒い冬の訪れを感じます。。 私は友人から心配されるほど痩せていており真冬の夜に天体撮影するとなると凍死してしまうので、寒…

水・木・火・金

根性で3時50分起床。4時に自宅を出発。空には雲ひとつ無し。ここ数日挑戦している東にのぼる4惑星の撮影ですが、水星が写りません。これまで、どうせ薄明の時間だから市街の明かりは関係ないだろうと思っていたのが間違いでした。そこで、市街地の影響…

金星・火星・月・木星・水星(?)

昨日は朝の四時半起きて、寝坊でした。今朝は4時に起きて、また愛島大橋へ。丘の上のこの橋からは東の方向が開けていて、名取市街とその向こうの太平洋が見渡せます。わずかに白くなり始めた空に向けて、今朝もシャッターを開いてみました。 上から、金星、…

早朝の東の空

早朝の4時半に起床。すぐに着替えてカメラバックとり、出発。コンビニでコーヒーを買って、それを飲みながら撮影場所の愛島大橋に到着したのは5時前。既にそらが白み始めています。 今朝は金星と月の大接近。さらに近くに水星、火星、木星も見えます。 残…

アルデバラン食:出現(2015.10.2)

10月2日、牡牛座の一等星アルデバランが月に隠される食の観測を行いました。今回、アルデバランは月の向こう側に隠れながら地平線からのぼり、約30分後に月の暗縁から姿を現します。その様子を動画で撮影しようというわけです。 参加者は、ナカムラ、タナ…

10月2日 アルデバラン食

ちょっと忘れていましたが、10月2日の夜にアルデバラン食があります。都合のつく方は一緒に観測しましょう。 詳しい内容 牡牛座の一等星アルデバランが、月の向こう側から表れる様子を観測します。予測では、2日の夜21時17〜18分ころに潜出が見られる…

赤い星雲

夏休み明け、学生たちは期末テストを受験します。一週間強に渡る試験期間を経て、すっかり憔悴してしまった彼らを尻目に、顧問は専攻科生のアベ、ニシウラ、去年卒業し関西の大学へ進学したEKを連れて観測に行きました。変人三人+顧問。場所は蔵王。今回…

夏合宿2015報告

夏の合宿、例年通りならばペルセウス座流星群(例年8月13日頃にピーク)の週におこなっています。ところが今年は、皆ぼんやりしていて宿の予約が取れませんでした。それで、18日からの一泊二日という半端な日程に。 これが功を奏しました。というのも流…

NameExoWorld

IAUの、惑星に名前をキャンペーンですが http://nameexoworlds.iau.org にて現在、一般投票中です。我々天文部では、Ainというヒヤデス星団の星を回る惑星に、"magnatalpa"という名前を提案しました。ラテン語で”おおきなほくろ”という意味です。もし良けれ…